東御市にもあります!“ダムカード”
見出し画像

東御市にもあります!“ダムカード”

長野県東御市(公式)

こんにちは、ゆるっとうみ発信隊・中の人その3です。
前回記事:春の山菜シーズン到来!

壮大な景観のほか、多様な建築様式やその歴史から観光資源としても年々注目を集めるダム。

ダム見学とともに近年人気を集めているのが「ダムカード」です。

ダムカードとは、ダムの名称や写真、所在地、型式、貯水量などの情報が掲載されたカード型式のパンフレットで、国土交通省と独立行政法人水資源機構の管理するダムのほか、都道府県等が管理するダムでも作成されています。

実際に現地に行かないと手に入らないことから、コレクションの対象として人気が高まっています。

ところで皆さん、市内にもダムカードで紹介されているダムがあることをご存じでしょうか。

烏帽子岳の麓、和地区にある「金原ダム」です。

1999年完成の県営ダムで、洪水調節や流水の正常な機能の維持及び生活用水の確保を目的に建設され、規模としては大きくないものの、ゴツゴツとした堤体が特徴のロックフィルダムとなっています。

金原ダムのダムカード配布場所は、以下のとおりです。
東御市観光の際に、ぜひお立ち寄りください。

【配布場所】
道の駅雷電くるみの里
東御市観光情報ステーション
上田建設事務所(上田合同庁舎内)

(ゆるっとうみ発信隊 中の人その3)


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
長野県東御市(公式)
長野県【東御市】は、上田市と軽井沢町の間にある人口30,000人の小さな市。陽当たりがいい。近さがいい。人がいい。そんな【ほどよく、田舎。とうみ】をよろしくお願いします。