火のアートフェスティバル2021 体験レポートVol1
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

火のアートフェスティバル2021 体験レポートVol1

長野県東御市(公式)

最高の天候の中イベントスタート

晴れ渡る秋空の中、火のアートフェスティバル2021がスタートしました!台風やコロナの影響で、実に3年ぶりとなったこのイベントは、新型コロナウイルス感染症対策が施される中、多くの来場客で賑わっていて、会場には総勢60店舗のショップが大集結!

画像2


ステージでのコンサート、ワークショップや展示など見所満載です。

画像3

そんなイベントの大目玉はなんと言っても登り窯焼成です!

東御市芸術むら公園には、大きな登り窯があるんです。

登り窯


なぜ、登り窯があるの?

これは、旧北御牧村内の17カ所で奈良、平安時代の窯跡が発見されており、その昔信濃国分寺(上田市)の瓦が旧北御牧村の粘土で作られた歴史もあって、そんな須恵器文化を持つ地域の誇りから公営の窯が作られました。

3つの焼成室を持つ登り窯は、京都出身で上田市に住んでいた陶芸家の亀井朝雄氏(故)により設計されました。

現在も亀井氏の想いを引き継ぎ、陶芸グループ「べと」の皆さんにより登り窯が管理されています。


登り窯薪入れを体験

画像6

火のアートフェスティバルでは、前日の火入れから始まり、3日間の間、火を燃やし続けます。(夜の間も交代で燃やし続けます)


3日間の焼成に使われる薪は約2トン!!

画像5


実際に薪入れを体験しました。

画像7

コツをつかむと、薪を投げ入れるのがとても楽しい♪

そして、炎の熱気がすごいんです!


窯の中には温度計が入っていて・・・

画像8

(595℃)これが1時間燃やし続けると⇓


画像9

(655℃)に!炎の熱が増していくのを、肌で感じました。

そして、これが最高温度で1200~1300℃にもなるそうなんです!


長年登り窯焼成に携わっているグループ「べと」の皆さんによると、登り窯の煙突から火柱が立ち上がる見頃は、本日9日22時~10日3時頃とのことです。

こんな、幻想的な様子が見られるのでしょうか?!(過去の写真です)

画像1

(ゆるっとうみ発信体 UK)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
長野県東御市(公式)
長野県【東御市】は、上田市と軽井沢町の間にある人口30,000人の小さな市。陽当たりがいい。近さがいい。人がいい。そんな【ほどよく、田舎。とうみ】をよろしくお願いします。