東御市6次産業化発見 VOL.8
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

東御市6次産業化発見 VOL.8

長野県東御市(公式)

今回ご紹介するのは、大粒のブルーベリーを栽培している「ひだまり農園ブルーベリーの丘」です。

ブルーベリー栽培に挑戦

和地区の東御市内を一望出来る南斜面に畑が広がる「ひだまり農園ブルーベリーの丘」。代表の東法彦(ひがしのりひこ)さんは、千葉県出身で、大学では生物学を学んでいました。1997年に長野県の株式会社星野リゾートに入社。生物学の知識を活かしピッキオ(※1)のエコツーリズムガイドとして働いていました。
(※1)特定非営利活動法人 ピッキオ…人とクマとの共存を目指す取り組みや、自然の不思議、生き物たちの世界と出会えるネイチャーツアーを開催している。

転機は2014年、ご実家(千葉県)のお父様が大病にかかり、介護が必要になったこと。
東さんが勤めていた観光業界は休日が不規則であるため、帰省の予定が立てにくく、急なことに対応出来ないことが想定されたため、おのずと転職を考えるようになったそうです。

それからしばらくして、ぶどう農家を営んでいた知り合いの方から紹介を受けたのが「ひだまり農園ブルーベリーの丘」でした。

当時のオーナーが後継者を探していた時期とも重なり、話がとんとん拍子で進んでいき、2019年末には株式会社星野リゾートを退職。お父様の容体が落ち着いた翌年後半から「ひだまり農園ブルーベリーの丘」でブルーベリー栽培の修業をした後、圃場と機材一式を買い取り、2021年3月に経営を引き継ぎました。

01 代表の東法彦さん

大粒のブルーベリーと味を受け継いだジュース

東さんが最初に行ったことは、前オーナー時代からのこだわりである「粒が大きいブルーベリー」を、さらに大粒にすることでした。

花芽を剪定し、収穫個数を減らすことで粒を大きくする方法をとったところ、昨年より収穫量は減ったものの、粒を大きくすることに成功!!

出荷されるブルーベリーは1円玉ほどの大きさ(直径20mm前後)に成長したものしか選ばれないそうで、種類によってはなんと500円玉くらいの大きさになるものもあるんだそうですよ。

02 ブルーベリー大きさ比較

写真左:大粒になった今年のブルーベリー
写真右:一般的な大きさのブルーベリー

加工品であるブルーベリージュースは、前オーナーと同じ施設で加工し、全く同じ濃度に調整されています。いちばん美味しい味になる濃度を追求して試飲を重ねたところ、元々の濃度のものがやはり一番美味しかったそうです。

販売は御代田(みよた)町の職員の方から町内のホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」のシェフを紹介していただきました。シェフは一口飲むなりジュースの味を大変気に入り、朝食バイキングのジュースメニューに加わることに。
省き物を使用しているため、年間何本生産できるか予測がつかないジュースですが、ホテルからは「あるだけ納品してほしい」と頼まれているほど好評だそうです。

その他にも、生のブルーベリーがデザートの一品として提供されているそうですよ。

03 ジュース(サムネイルと同じ)

目指すは市の特産品!!

04 親子で剪定作業中

東さんの趣味はブッシュクラフトキャンプ。ナイフ、火起こし道具、寝具、少しの食料を持ってソロキャンプをすることだそうです。10メートル以内にイノシシやカモシカ、クマが来たこともあるんだとか。

「現在の仕事は時間を自由に作る事が出来るので、今まで一切出来なかった家族旅行に行きたいと思っています。」と語る東さん。
最近は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大学を休学し、圃場を手伝っている長男の大耀(たいよう)さんと親子の時間を楽しんでいます。

「東御市と言えば、ぶどう、りんご、そしてブルーベリー!!と誰もが連想できるように肩を並べたいと考えています。現在はすべて完売しているので、人手があれば圃場の面積をもっと増やし、広く消費者の皆さんに味わっていただき、ゆくゆくは前オーナーが行っていた観光農園も復活させたいと思っています。」と今後への展望を語ってくださいました。

05 親子ショット

写真右:長男の大耀さん

【基本情報】
事業者名:ひだまり農園ブルーベリーの丘
住所:東御市和3868
電話:0267‐34‐0494
代表:東 法彦
メール:blueberryfarmer.nori@gmail.com
ホームページ:https://blueberryfarmar.amebaownd.com
事業内容:ブルーベリー栽培、農産加工品の販売
6次産業化の形態:農産加工

【ホームページ内からお申込みいただける商品】
※店頭販売は事前連絡が必要です。
※令和3年収穫分は完売しています。
○ ブルーベリー
・生のブルーベリー(6月中旬~7月末)100g、800円(税別)
・冷凍のブルーベリー(年中販売、無くなり次第終了)100g、600円(税別)
○ ブルーベリージュース
・一般用720ml、1,700円(税込)
・業販用1,000ml、2,200円(税込)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
長野県東御市(公式)
長野県【東御市】は、上田市と軽井沢町の間にある人口30,000人の小さな市。陽当たりがいい。近さがいい。人がいい。そんな【ほどよく、田舎。とうみ】をよろしくお願いします。