見出し画像

レンゲツツジが60万株! 湯の丸高原「つつじ祭り」に行ってみた。

長野県東御市(公式)

暑い……><
長野県といえど、今年の暑さには既にやられています。

ゆるっとうみ発信隊の小林です。

平地の暑さに耐えかね、標高1800m級の
【湯の丸高原】にやってきました。

冬はスキー場となる山の斜面に咲き誇るレンゲツツジ

夏の湯の丸といえば、朱色に山肌を染め上げる「レンゲツツジ」が有名。
夏の期間は「つつじ祭り」を開催しています。

6月26日(日)は、「つつじ祭り・イベントデー」
キッチンカーも出動し、
お昼どきには行列ができていました。

大人気のキッチンカー

500円以上のお買い上げで抽選会も!

景品に宿泊券や特産品などがラインナップ

キッチンカーは行列だったので諦め、
目玉のレンゲツツジを拝みに、
夏山リフトで、山の上の「つつじ平」を目指します。

山の上の「つつじ平」までリフトで10分

リフトで山の上へ上っていくと…

?!

突然の、

牛はほのぼの。人はエキサイト。

10頭を超える牛の群れが、むしゃむしゃと草をはんでいました。

夏の間、湯の丸高原で放牧されている

スキー場の斜面に放牧される牛……
湯の丸ならではの夏の風物詩です。

すっかり牛に気を取られていましたが、本命は「レンゲツツジ」

リフト降り場から歩いて数分のところが「つつじ平」
さっそく足を踏み入れてみると……

あたり一面、真っ赤なレンゲツツジの群生が!!!

湯の丸高原にあるレンゲツツジは60万株とも言われている

自然ならではの鮮やかな「赤」があたり一面を覆い尽くしている様は、幻想的の一言。

近くで見ても、遠くから見ても美しい
赤と緑のコントラストに感動

こんな色の景色があるんだ! ……と、語彙力を失ってしまうほどの美しさです。

バックに見える山々や、葉の緑色がまた鮮やかに見えます。

下りのリフトも利用できる

ゆっくりとレンゲツツジを堪能した後は、斜面を歩いて下っても良し、
リフトからの眺めを楽しみながら帰っても良しです。

反対側に見える陸上トラックや、夏のスキー場の斜面もまた一興。

「つつじ祭り」は7月3日(日)まで開催中です!

<「つつじ祭」詳細>
◆開催日時
6月10日(金)~7月3日(日)
◆会場
湯の丸高原第一リフト一帯・つつじ平  
◆夏山リフト情報
運行期間:6月17日(金)~7月 3日(日)
運行時間:8:30~16:30(天候により運休する場合があります)運行リフト:第一ペアリフト
料金:大人(中学生以上) 往復800円、片道500円
子ども(小学生以下)往復500円、片道300円
※3歳未満無料・団体割引10名以上20%オフ
◆駐車場
無料駐車場あり(地蔵峠)
◆さらに詳しく
https://tomikan.jp/news/tutujifes2022/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!