東御市6次産業化発見 VOL.14
見出し画像

東御市6次産業化発見 VOL.14

長野県東御市(公式)

今回ご紹介するのは、東御市横堰地区で黒毛和牛を飼育している「牧舎みねむら」です。

牧場は標高900m、北アルプスを望むとても眺望の良い場所にあります。
現在、代表取締役を務める峯村 誠太郎(みねむら・せいたろう)さんが13歳の時に、お父様が開業した牧場で、2010年に誠太郎さんが経営を引き継ぎました。

画像1


全頭一貫飼育へのこだわり

牧舎みねむらでは、育成飼育牛250頭と繁殖牛85頭を飼育しています。(2022年3月取材時)

肉牛生産は、母牛が生んだ子牛を育てる繁殖専門の牧場と、その子牛を大きく育てる肥育専門の牧場に分かれて行われることがほとんどです。
しかし、牧舎みねむらでは人工授精から分娩、育成、肥育、出荷までを一貫して行う「全頭一貫飼育」を行っており、これは全国的に見ても珍しいケースです。

繁殖においては、なかなか種が付かなかったり、妊娠しても流産や死産のリスクがあることに加え、生まれてから3~4ヵ月の間は身体が弱いので子牛に付きっ切りになる必要があるなど、苦労が絶えません。

画像2

それでも誠太郎さんが一貫飼育にこだわる理由は、生まれてから出荷するまでに他者が介在しないという点です。
牛の健康歴もすべて把握できるうえに、普通の人には同じ様に見える気性や行動パターンの違いもはっきりと認識できます。

そんな特長の違う牛一頭一頭としっかりと向き合い、その牛に一番合った飼育をしていることが牧舎みねむらの一番の強みになっています。
そして牛のすべてを知っているという安心感にも繋がっています。
同時に、肉牛生産においてすべての責任を追う事になり、そのことが常に高い緊張感を持って仕事に取り組むことができているそうです。
牧舎みねむらの自社ブランドである『峯村牛』が、消費者から高く評価されている理由も納得できます。

共に働く奥様の伊世さんは元々畜産業の経験はなく、結婚前は普通のOLだったそうです。
子牛の世話は主に伊世さんの仕事です。今では誰よりも子牛の扱いが上手くなり、誠太郎さんも頼りにしているそう。
経理事務も担当するほか、各地のイベントへはキッチンカーで出向き、調理販売も行うほどです。

「妻がいなければ今のこの会社は無かったです」と誠太郎さんは感謝の意を述べられていました。

画像3


峯村牛をつかったプレミアムなビーフジャーキー

牧舎みねむらでは、自社ブランド牛である「峯村牛」を使った加工品も販売しています。
数ある加工品の中でも評判の良いうちのひとつが、ビーフジャーキーです。
牛肉の旨みがぎゅっとつまった人気商品で、加工品の売り上げでもナンバーワンです。

部位は高価な外モモ肉を使用しています。
元々、試作品を作った際に使用した部位ですが、評判があまりにも良かったため、そのまま商品化することとしました。
今では年間5,000~6,000パックを製造し、直売所やネットで販売していますが、入荷するとすぐに完売するほどの人気商品です。

また、最近では新たに生ハムを試験的に製造しはじめました。
A5ランクの外モモ肉を使用した生ハムは、現在熟成中とのこと。完成が楽しみですね!

画像4

安心・安全の証「農場HACCP」

牧舎みねむらでは、2016年に農場HACCP認証を取得しました。
HACCPとは、食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因を分析し、低減・除去するための管理手法です。
農林水産省では2008年8月に『畜産農場における飼養衛生管理向上の取組認証基準(農場HACCP認証基準)』を公表しており、畜産の衛生管理にHACCPの考え方を取り入れた基準となっています。
農場HACCPの認証は、当時全国で82番目、長野県の肉用牛農場では初めての認証でした。
「牧場で生まれ、育つ牛に最大限の安心安全を」という考えのもと、徹底された飼養衛生管理を構築し外部より審査されています。

その観点からも、今後加工品の販売所を牧場敷地内から移転できれば、と考えているとのことでした。

画像5

今の楽しみは、小学5年生と3年生と1年生になる3人の娘とスキーに行くことと、そして家族で食べ歩くこと。
特に自社製品を納めている飲食店には、営業も兼ねてお伺いしており、趣味と実益を兼ねて楽しんでいるそうです。

365日、牛と向き合う峯村さんの挑戦はこれからも続きます。

【基本情報】
事業者名:牧舎みねむら
住所:長野県東御市新張1265-354
※観光農場ではないため、見学等を希望される場合は問い合わせが必要です。
電話・FAX:0268-63-7415
代表:峯村誠太郎
メール:minemurafarm@gmail.com
ホームページ:https://cowshed-minemura.com
事業内容:牛の繁殖・肥育・販売
6次産業化の形態:農産加工、農産物直売所

東御市ふるさと納税、公式オンラインショップでも販売しています
(肉、ビーフジャーキー、カレー、ソーセージ等)
○ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/city/product/20219
○東御市公式オンラインショップ https://www.rakuten.ne.jp/gold/toumi

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
長野県東御市(公式)
長野県【東御市】は、上田市と軽井沢町の間にある人口30,000人の小さな市。陽当たりがいい。近さがいい。人がいい。そんな【ほどよく、田舎。とうみ】をよろしくお願いします。