東御市6次産業化発見 VOL.9
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

東御市6次産業化発見 VOL.9

長野県東御市(公式)


今回ご紹介するのは、農業、民泊、加工品製造など、多岐にわたって活躍している「名もない農家」です。

循環型社会の形成を目指して

浅間連峰を望む千曲川流域の島川原(しまがわら)地区で農業や民泊を行っている「名もない農家」。
「名もない農家」を営む廣田美和子(ひろたみわこ)さんは東御市のお隣、上田市の出身。結婚を機に東御市へ移り住み、ご主人の実家の農作業を手伝いながら生活をしていました。

ある時、当時小学生だった息子さんに環境破壊について質問を受けたことが、廣田さんが目指している循環型社会の形成について考えるきっかけとなりました。

「農薬や化学肥料を使わずにお米や野菜を作ることを広く社会に普及させ、次世代につないでいくことが出来れば、良い効果が生まれるのではないか」と考え、実行に移していきます。

化学肥料・農薬の完全不使用と丁寧な手作業にこだわったお米作りは、今年で18年目を迎えました。現在はお米を使用した加工品の開発、販売にも取り組んでいます。

01 代表の廣田美和子さん

体にも環境にもやさしい玄米エコカイロ

廣田さんがお米を活用した加工品として思いついたのが「玄米エコカイロ」。先駆者が何人かいらっしゃったおかげで作り方を知ることができ、製作を始めました。
カイロには、名もない農家で作った玄米と、自家精米をして出た糠(ぬか)が入っています。いちばん大きいサイズのものは電子レンジで3分温めるだけで、温かさが1時間持続し、1年間ほど繰り返し使えるとのこと。
また、玄米は温めることで中の水分が蒸気となって放熱するため、体の奥まで熱が届き、血流が良くなるのでじんわりとしたやさしい温かさになるそうですよ。
カイロのカバーにはオーガニックコットンを使用し、全て天然の素材で作られているこだわりよう。小さなお子さんにも安心してお使いいただけるそうです。

02 玄米エコカイロ

真菰(まこも)の魅力

03 こちらが真菰です!

化学肥料・農薬の完全不使用にこだわる廣田さん。
そのこだわりは、田んぼの「水」にまで及びます。様々な文献を調べ、浄化作用があるとされている真菰(まこも)(※1)という植物を水田の水取り入れ口に植え、対策をしているそうです。

(※1)真菰…池や沼などの水辺に生える、イネ科の多年草。水質浄化作用があると言われている。

そして、真菰を利用したお茶や枕、わら細工なども作っているとのこと。
真菰の優れた浄化作用が注目され、様々な用途があるため、「手が回ればもう少し生産したい」と話す廣田さん。

身体の毒素を排出する効果があるとされているお茶は人気商品。わら細工製品は「飾ると周辺の空気が綺麗になる気がする」と縁起を担いで購入される方が多いそうで、枕は香りが良く、安眠できると評判だそうです。

04 真菰のお茶

(真菰から作ったお茶)

05 わら細工

(わら細工)

自然の恵みと地域の生活を伝える民泊

06 わら細工(つり飾り)

2018年、住宅宿泊事業法(民泊新法 ※2)の施行をきっかけに、「遠方にお住まいの方にも農業体験や循環型社会に関心を持っていただき、元々関心をお持ちの方もどんどんお誘いしたい」と考え、事業者としての届け出をしました。

(※2)民泊新法…自分が所有する家やマンションの部屋を宿泊所として、旅行者等に有料で提供する人を「住宅宿泊事業者」として営業できるよう、年間の営業日数や設備要件等の一定ルールを定め、届出を行うもの。

現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響により宿泊者の受け入れは行っていませんが、数年前には「天空の芸術祭」(※3)のために訪れた芸術家の方々が約1ヶ月間滞在しました。

「滞在した芸術家は、いつの間にか島川原地区に住むほとんどの住民と親しくなり、名もない農家でミニコンサートも開催したほどです。このような新しい息吹が地域活性化の原動力になるのだなと感じました。」と廣田さんは語ります。

(※3)天空の芸術祭…東京藝術大学・東御市・地域による域学連携事業。東御市内、主に北御牧地区を会場とし、現代美術家の作品を展示している。令和3年度は10月9日~11月7日に開催された。

宿泊される方とは、朝、一緒に畑仕事をし、収穫したばかりの野菜などを一緒に料理して食べるそう。夜はお酒を酌み交わしながらコミニュケーションを取ることもあります。

「気の合う民泊のお客様とお話をしているときがとても楽しい時間です。島川原という地域に身を置き、地域住民の息使いを肌で感じながら、実りある農業体験や農業を通した生活体験をしていただきたいです」と笑顔で話してくださいました。

【基本情報】
事業者名:名もない農家
住所:東御市島川原239‐4
電話 / FAX:0268-67-2108
代表:廣田美和子
メール:namonainouka@gmail.com
ホームページ:https://namonainouka.jimdo.com
フェイスブック:https://www.facebook.com/namonainouka
事業内容:米・野菜等の栽培、民泊、農産加工品の生産・販売
6次産業化の形態:農産加工

東御市公式オンラインショップでも、玄米カイロを販売しています!!
https://www.rakuten.ne.jp/gold/toumi/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
長野県東御市(公式)
長野県【東御市】は、上田市と軽井沢町の間にある人口30,000人の小さな市。陽当たりがいい。近さがいい。人がいい。そんな【ほどよく、田舎。とうみ】をよろしくお願いします。