東御市6次産業化発見 VOL.3
見出し画像

東御市6次産業化発見 VOL.3

長野県東御市(公式)

今回ご紹介するのはワイン造りや米・果樹づくりをおこなう「KODAMATEI(児玉邸)」です。

国の登録有形文化財とワイン造り

児玉邸の取り組みは、「児玉家住宅」なしには語ることはできません。

「児玉家住宅」は明治26年から43年にかけて17年の歳月をかけて建てられた、築130年の歴史的建造物で、平成12年に国の登録有形文化財として登録されました。
かつてこの地域で養蚕が盛んだったため、住宅内には大型の蚕室が現存しています。

そんな歴史あふれる邸宅に見守られながらワイン用ぶどうが栽培され、委託醸造したワインを「児玉邸」の屋号で販売しています。
では、なぜこの歴史的建造物とワイン造りが結びついたのでしょうか。

現在の代表である児玉俊一(こだま しゅんいち)さんはお父様の仕事の関係で全国を転々としていたため、生まれも育ちもこの住宅ではありませんでした。そんな中、文化財である実家をどう守っていくか悩んでいた際、ヴィラデストワイナリーの玉村豊男夫妻から「蚕室をワイナリーにすると、フランスの古いワイナリーみたいで面白いのでは」と言われたことがきっかけとなり、当時住んでいた横浜市から東御市への移住を決意されたそうです。

2014年から住宅のすぐ近くにワイン用ぶどう畑を開園し、メルローを植栽。2015年に千曲川ワインアカデミー(※1)1期生となり、ワイン造りについて学びました。
その後、2017年にはファーストヴィンテージをリリースしました。

01+自宅

(明治43年に完成した児玉家住宅)
(※1)千曲川ワインアカデミー
ブドウ栽培とワイン醸造、そしてワイナリーの起業と経営について総合的な知識と実践的な技術を学ぶことができる民間初のアカデミー。アカデミーを開設する日本ワイン農業研究所(代表:玉村豊男氏)は、ワイナリー「アルカンヴィーニュ」も開業している。

環境先進国ドイツから東御市へ!!

そんな俊一さんからワイン用ぶどうの栽培を手伝ってほしいと声をかけられたのが、次男の寧(ねい)さん。
19歳の時にイギリスへ語学留学。その後オーストラリアで環境問題や循環型社会について学び、自然のくらし、モノづくり、循環型社会の構築などにチャレンジしてみようと22歳の時に日本へ帰国。北海道ニセコ町に移り住みました。

02+水田仕事_切り抜き

(自宅横の水田で雑草除去中)

そこで、旅行者として訪れていたドイツ人のアネマリーさん(のちに寧さんの妻となります)と出逢い、意気投合。結婚を約束するまでになり、帰国したアネマリーさんを追いかけるように単身ドイツに渡りました。寧さん曰く、「何も失うものが無かったから、思い切った行動が取れた。」とのことです。

ドイツでは地球環境にやさしい生活、再生可能エネルギー、循環型社会を意識し、南西部にあるテュービンゲンという街で、バラック小屋のような住居に住み、水道、電気のない暮らしをしていました。そこでは路上で大道芸を披露することで、何とか生計を立てていました。

環境先進国であるドイツで学びの多い日々を送り、2018年に俊一さんから児玉邸でのワイン用ぶどう栽培について声をかけられた際には、「今まで培ってきた様々な知識や技術をいよいよ実践する時が来たのか!」という熱い想いが全身に込み上げてきたそうです。

03+葡萄園

(メルローのお手入れ中)

8年間暮らしたドイツを後にし、現在東御市に住み始めて3年が経ちました。現在、児玉邸には4世代が同居していて、寧さんの祖父、父、母、寧さん、妻、長女、次女の7人で賑やかに暮らしています。

お米作りとワイン造りに多くの時間を費やし、お米は無農薬の不耕起栽培(※2)に挑戦、ワイン造りは、俊一さんのやり方を踏襲しつつ、今まで学んできた「地球にやさしい栽培方法」を少しずつ試し、自然派ワインを目指して研究中です。虫食いや雑草に悩まされているので、日本の土壌や虫についても勉強中…
(※2)不耕起栽培
農地を耕さずに自然の力をうまく利用しながら作物を育てる栽培方法。

ワイン用ぶどうの品種はメルローです。毎年約500L(約666本)を製造し、2年前にシャルドネの苗木も200本植栽しました。

04+ワイン

(WEBサイトで好評販売中)

児玉邸と共に…次の世代へ受け継ぐバトン

将来は自給自足を目指しているそうですが、今ある課題を一つ一つ解決し、維持、向上させることが直近の目標。その後は、規模は小さくとも数種類の作物や加工品をつくり、自給自足の足掛かりにすることを考えているそうです。

「ヤギや羊も飼育してみたい」という希望もあるそうですが、「将来何を行うにしても、この自宅の管理、保全、修繕を続け、娘の世代にバトンを渡すことが私に与えられた最大の仕事かもしれない。」と笑顔で語ってくださいました。

05+寧さんと心美ちゃん

(児玉寧さんと長女の心美(こごみ)ちゃん)

【基本情報】
事業者名:KODAMATEI(児玉邸)
住所:東御市和7785番地
代表:児玉俊一
メール:shunichikodama@gmail.com
フェイスブック:https://wwhttps://www.facebook.com/shunichi.kodama.5
事業内容:ワイン用ぶどうの栽培、ワインの販売
6次産業化の形態:農産加工

【ワイン、お米、種ありシャインマスカット取扱店】
WEBサイト「おすそわけマーケットプレイス ツクツク‼」で販売。
https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000118117

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
長野県東御市(公式)
長野県【東御市】は、上田市と軽井沢町の間にある人口30,000人の小さな市。陽当たりがいい。近さがいい。人がいい。そんな【ほどよく、田舎。とうみ】をよろしくお願いします。